前へ
次へ

相続の際に不用品の買取を活用

誰かの品物を整理していると、金額を明確にしたくなる事があります。
財産を平等に分配するためにも、数字をはっきりさせたくなるケースも実際あります。
例えば相続です。
相続する時は、遺族に対して遺産を平等に割り振らなければなりません。
遺留分も配慮する必要があります。
しかし遺品の中には、金額がはっきりしない物が混ざっている事もあります。
金額が不明確では財産を配分する事もできません。
かえって換金する方が、財産の配分も分かりやすくなる事が多いです。
どうやって換金するかというと、買取です。
そもそも買取は、不用品の金額がはっきりするメリットがあります。
故人が保有していた物品にしても、お金という形になりますから、財産の配分もやりやすくなる訳です。
特に宝石などの不用品は、換金されるケースが多いです。
宝石のままの状態では、どのように配分すれば良いか分からない事も多いですが、お金という形になれば平等に割り振りやすくなるからです。

Page Top